2016年9月 雨季のタイに行ってきました! ホテル到着編 初日

今回の旅行でクラビのどの地区に泊まろうか、かなり悩みました。
他の方のブログとかを頼りに色々調べるのですが、なかなか地区が決まりません。
雨が降ったらどうしよう?とか
このホテルに泊まってみたいと思うと高額で完全に予算オーバーだったりまぁかなり悩みました
(それが楽しかったりするんですがね・・・)

 

スポンサードリンク

 

結局決めたのがここクロンムアンビーチ地区です。
まだ、開発途中の地区になると思いますが、高級なホテルがいくつか存在する地区でもあります。
その中あるナカマンダ リゾート&スパというホテルに宿泊を決めました。

例のごとく、ホテルの詳しい情報は後日に紹介したいと思います。

ホテルまでノントラブルで来れた事も有り、到着は現地時間の12時頃でした。

ホテルスタッフからウェルカムドリンクのお出迎えを頂きました!!
冷えてて美味しいかったです。

花なんかも添えられて、リゾートホテルに来たな~って感じ満載です。

チェックインは14時からだった為、少し時間があるので、着替えてプールにでも行ったらどうですか? みたいな事を言われます。着替える場所は提供して頂ける様ですが今回は丁重にお断りしたつもりでした。。。
言葉が分からないって大変です(;’∀’)

ホテル内の案内かとスタッフについて行くと・・・

服のままプールサイドにご案内となりました(笑)

暫くすると、やっぱり服のままプールサイドにいるのは変?と言う思いと、昼飯を食べてなく空腹だったので、ホテル外の散策をすることにしました。

a82f486a1081064dc1a54e6f14d037da

ナカマンダホテルの前の道路はまだ舗装工事中です。

トラックが通る度に砂ぼこりが酷いです(´;ω;`)
たまに散水車が来るのですが、この陽気なのですぐに乾燥してしまいます。 事前の情報ではレストラン数件と飲料等が手に入る個人商店とマッサージ屋があると聞いていたのですが、確認できるのは一軒のレストラン(客がはいっていない)数件のマッサージ屋位です。

ともあれ、とりあえず空腹だったので開いているレストランに入りました。

このお店のメニューには写真が無く、料理がイメージ出来なかったです。

でも、共通でわかるのはとりあえずのビールですね(笑)

タイに来たら外せないパッタイ

嫁さんはチャーハンをオーダーしました

以前、プーケットで食べたパッタイとチャーハンとは違う味付けで、パッタイにいたっては色も違う感じです なのですが、なかなか美味しいです。

お腹もいっぱいになる頃、ほかのレストランもオープンしていきました。
日本の習慣で昼食を出すレストランは遅くとも11時にはオープンするのでその感覚でいたら、こちらでは正午過ぎ(正確には午後1時)にオープンする様でそのギャップに多少戸惑いました(笑)
ですが、わかってしまえば明日からの行動を現地に合わせれば良いだけなので少し新鮮な感覚でした。

dsc_1871

写真こそ撮影しませんでしたが、長距離移動の疲れを取るべく街のマッサージ屋さんをチャレンジしました。

気持ちよかったのか疲れていたのか・・・ マッサージが始まると直ぐにイビキ付きスリーピングタイムが始まりました(笑)
暫くして、施術してくれた女性から起こされました・・・
時計を見たら1時間みっちり施術頂いた様です。
金額は1時間250バーツから
私が受けたのがクラッシク タイマッサージで350バーツでした。

えっ!? タイマッサージとクラッシクタイマッサージの差?
全く分かりません(笑)

マッサージを終わらせてみるとチェックイン出来る時間だったのでとりあえずのチェックイン!
我々のベースステーションは・・・

Sala villaの202号室です。

朝食会場とか、プールに行くには少し階段のUp downがあるものの、ホテル外に行くには便利な部屋でした!

その後は、とりあえず様子見のプールで静かに読書タイム! ですが・・・

暫くすると中華系の方が大勢で騒ぎ始め優雅な時間は呆気なく終了となりました(泣)

 

 

気を取り直して退散後は早めの夕食です

昼食を頂いたレストランの向かい側にあるレストランMotherHouseでお食事です。

やっぱりとりあえずのビールを頂いて

トムヤンクン

パックブーン ファイディーン(空心菜炒め)

どんだけ好きなんだよとツッコミが入りそうですが、パッタイ

どれも、私好みの美味しさでした。 このお店は、再訪問決定ですね( *´艸`)

部屋に帰ると丁度良い酔い加減でお風呂に入り、夢の中でした(笑)

つづく

では、では、、、

日本ブログ村 ランキング参戦中
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
おすすめの記事