行かなくなった理由

冬の寒い時期の海に最近ご無沙汰です。
ジェットは最近始めたのでともかく
冬のサーフィンに行かなくなった理由

1.寒いのが嫌になった・・・ 昔から嫌い!!
2.齢をとった・・・ 確かに認めます!
3.道具が無い・・・ 実はコレが一番の原因だと思います。

昔、購入したセミドライスーツがボロボロで、新しい物を
購入する予算も無く・・・
そこで、どうせダメになったウェットなので自分で修理して
みようと言う事で レッツ・トライ!!
Photo

修理するものはこれです
10年位前に購入したもので結構ボロボロ
Photo_2

BREAKER OUT
当時8万くらいしたような気がします。

修理箇所は全体にゴムが剥がれている
足首の破れです。
Photo_3

ここが一番酷いと思っているところ 足首
Photo_4

ただ、全体的にこんな感じで裂けている。

とりあえず補修道具のご紹介
まずは、ボンド
これは、ウェット専用のボンドがあるのですが
硬化後硬くなるのでY’s的にはNGです。
以前使ったのですが、高価だし、カチカチ感が
どうにも気に入らない。

そこで、ホームセンターに行きチョイスしたのが
Photo_5

このボンドです。
価格は399円(税込み)でした。
なぜこのボンドにしたかと言うと
Photo_6

この硬化後の硬さの表記が気に入りました。

次に必要なものは・・・
Photo_7

爪楊枝です。
細かいところを塗るのに使います。
Photo_8

それからあると便利なのが養生テープです。
ガムテープだと糊が強くて・・・

こんなものですかね
それでは修理開始!!
Photo_9

このように裂けている所をつまみ、広げて・・・
Photo_10

爪楊枝の先にボンドをつけて、
Photo_11

補修箇所に塗っていきます。
(写真はイメージです)
なにせ片手で写真を撮っているので、厳しいんですよ。
Photo_12

少し多めで塗っていきます。
見た目よりしっかり修理を目指します。

養生テープはどうするの?って

こんな使い方してます
Photo_13

裂けたところを圧着しないといけないのですが
上手くできないため、テープで固定します。

それから床にボンドを付けない様に
こんな固定も
Photo_14

修理が上手く行けば来週はサーフィンでも
行こうかな!!

では、では、、、

 

日本ブログ村 ランキング参戦中
にほんブログ村 オヤジ日記ブログへ
にほんブログ村 旅行ブログ 夫婦旅行へ
おすすめの記事